求人で見るwebエンジニアのスキル

いろいろな求人がありますが、その中でも特にwebエンジニアの求人には様々なスキルが必要になるようです。代表的なwebエンジニアとして必要な資格になると、基本的にPHPがあります。これはwebの現場でよく使われる言語で、特にwebエンジニアとなると知っておきたいプログラム言語でしょう。

また、もしフロントエンドのスキルが求められるのなら、JavaScriptが書ける人を求めている傾向もあります。気をつけたいのはJavaというよく似た名前の言語もありますがそれとは全く違う言語なので、Javaの経験があってもJavaScriptが書けるとは限らないでしょう。それとは別の考え方で絶対的に必要なのが、HTMlとCSSです。これはweb業界で働くのならもはや常識といっていいほどの言語でもあり、そもそもこの言語を知らなくてはPHPやJavaScriptでエンジニアとなるのは難しい場合もあります。

学習する範囲が広いのが特徴的ですが、一度身につけてしまえばJavaScriptもPHPも応用が効いてとても使いやすい言語ですし、web上で欠かせない技術でもあるでしょう。ちなみに求人を見ていると、中には他にもサーバーサイドの言語ができたり、デザインについての理解やデザインスキルがある人を求める会社もあるようです。また、言語は数年に一度バージョンアップして書き方が変わることもありますから、情報はよく注意しておきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です