webエンジニア求人によくある不安

webエンジニア求人に応募して採用をされると、実際にコードを書いていくこととなります。ですが、コードを書くという行為のほとんどが手探り状態になるのが普通です。この世には完璧なコードというものは存在していません。バグが混入する不安も尽きませんし、そもそも今の書き方が正しいのかどうかは誰にも分からないのです。実はもっと楽で早いコードの書き方があるのではないかと考えてしまうものです。

ただ、そこにこそ進歩の鍵が隠されているのだと考え、悩むことを辞めないのがベストでしょう。悩みながら経験を積んでいけば、自然と今までできていなかったことが早く楽にできるようになります。バグの混入も極力少なくしていくことができますし、調子がいいときには万能感を感じながら作業ができるようになります。そもそも、自分にできることだけをしていては、webエンジニアとしての成長もありません。常に少しだけ無理なことを試行錯誤しながらこなしていくことこそが、正しい成長の仕方となります。

不安で精神的にストレスを感じることも多い仕事ですが、それがなくなってしまったときこそが本当に危険なのだと考えておきましょう。そうすれば、時間はかかるかもしれませんが、いつか一流のエンジニアになることができます。将来的に仕事がなくなるかもしれないという不安は、衰退産業と呼ばれる他業種よりは感じなくてもいいです。少なくとも今後数十年は、webエンジニア求人の数は増え続けていくと考えられています。